本文へ移動

理事長 徒然日記(2022.11)

理事長室へようこそ。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自画自賛・所長会議のレベルアップ

2022-02-04
最近、事業推進部会をやっていて、数年前と比べて
レベルが上がったな、と感じる事があります。

事業推進部会とは、旧所長会議の事で、
各事業所の所長と一部の専門職が参加する定例会の事です。

コンプライアンスと虐待防止委員会も兼ねています。

ダラダラやっているつもりは無いのですが、
最新情報の共有や危機管理等を話しているうちに
あっという間に終了時刻が過ぎます。

ここ数ヶ月で自然発生的に起きている事があります。
それは、仲間に良い事があったら、拍手が起きます。
言ってみれば、他事業所はライバルでもあり、
売り上げの数字を比較される相手でもあります。

でも太陽の村の所長たちは、相手に良い事が
起きれば一緒に喜び、良かった手法を自分の事業所だけでなく、
他事業所にもシェアしようとします。

時には意見の相違もありますが、出してもらってこそ、
検討の時間が取れるので、言いづらくても
事業推進部のメンバーには共有してほしいです。

現在、コロナで長期の休みのご連絡を
ご利用児童の保護者さんからいただく事があります。

そういった場合の代替支援のご提案を
各事業所で行っていますが、継続的な支援や
通所を再開した時にスムーズに切り替えられるよう、
意味があるからこそのご提案です。

太陽の村の所長たちは、児童の事を本当によく
考え、成長をともに喜び、一緒に療育できる事に
誇りを持っています。

事業推進部に集まるメンバーは、皆、
「前例がない事でもやる」所長たちなので、
これからもっと法人も飛躍していけると確信しています。

ワクチン接種5歳以上「特例承認」

2022-01-21
特例承認とは、健康被害の拡大を防ぐために、
「他国で販売されている日本国内未承認の新薬」を、
通常よりも簡略化された手続きで承認し、使用を認めること。


「他国の日本未承認の薬」を5歳以上に接種して
大丈夫なのだろうか、普通の親なら疑問に思うと思います。

子宮頸がんワクチンの国の対応から、
幼い子どもに何かあった場合に
対応してくれるかというと、そうではないのでは。

現に、大人であっても「因果関係不明」で
何人も命を落としています。

お金をもらっても体内に入れたものは
元に戻せないし、「重症化しない」ワクチンを
重症化率のきわめて低い児童を接種対象に
することに違和感を感じます。

副反応に耐えられないのでは、という数日後の事より、
もっと先の心配をすべき案件。

そとあそび二本松の遠足同行

2022-01-13
年末から企画していた遠足。

まさかの大雪で延期が懸念されましたが、
神奈川県の気温と二本松周辺の状況から
判断して、行く事にしました。

理事長はカメラマン+支援補佐で同行しました。
そとあそびの先生と児童は、小グループに
分かれて迷子防止策を取っています。

当時は晴天!はじめてみんなで
電車に乗って、江の島にGO!
切符を入れる練習をしたり、
富士山が見えると興奮したり、
到着までの道中も楽しく過ごしました。

江の島では、トビに注意しながら
お弁当を食べて、神社に初詣。
鳥居のくぐり方、参拝の仕方を
教わった児童たちは静かに集団行動が
出来ていて、これならまた遠足のような
企画で遠出が出来ると確信しました。

保護者の方からは自分の時間が
持てたと感謝の声を頂きました。

電車の切符は思い出にお持ち帰り。
写真をたくさん撮ったので、当日の
様子をご家庭でご覧になれます。

今度はどこに行くのかな。
楽しみだね。

雪やこんこん。

2022-01-06
お昼前から雪がちらつき始めました。

子ども達は大喜び。
うっすらと生垣につもった雪を見て、
「積もってる!」とはしゃいでいます。

感じたままに表現する子ども達。
帰りがけには中学生も楽しそうにしていました。

雪は子どもの頃は楽しくワクワクするものでした。
今はワクワク半分、心配半分。

帰りの送迎の時は、地面どんなだろう、とか。

放課後デイは、全事業所の全車両に
スタッドレスタイヤを新たに
購入して履き替えを完了しています。

ワクワクの気持ちを保ちながら
おうちまで安全にお送りします。

年頭所感2022

2022-01-05
今日から支援を開始しています。

教室から子ども達の元気な声が響き、
日常が戻って来ました。

午前中は、毎年恒例の初詣に職員と出かけました。
八幡様までの道中、冬休みの過ごし方を話したり、
箱根駅伝の話をしたり、普段ゆっくり話す機会が
あまり無い、他事業所の職員との交流も持てました。

正殿で祝詞をあげて頂く⇒お守りを買って
⇒集合写真を撮る というのが
いつもの流れになっています。

晴れになったので、青空をバックに
きれいな写真が撮れました。

長期休暇というと、休み明けの
不登校の子どもが気になりますが、
太陽の存在をもっと広くの方に
知って頂き、地域貢献がしたいです。

お正月の澄んだ気持ちを忘れずに
一年の支援にあたりたいと思います。
本年も宜しくお願い致します。
太陽の村のサービス一覧
 
<小学生~中学生>
・フリースクール(不登校支援)
 [対面、オンライン、自宅訪問]
・放課後等デイサービス
・自然体験教室
・野菜の収穫体験
・不登校相談

<高校生>
・通信制高校のレポート補助
(どこの学校でも対応します)
・自然体験教室
 自立支援型放課後デイ

<成人・保護者>
・居場所の提供
(対象:18歳以上で進路不定の方)
・電話相談
・学校面談への参加

<部門>
不登校対応:中央(月~土)
さくら(月~金)
そとあそび(月・火・水・金)

放デイ:さくら・横山・そとあそび・中央
土曜開所:中央・横山(月2~3回)

自然体験教室:全事業所

高校生クラス:中央
特定非営利活動法人 太陽の村
〒252-0239(本部)
神奈川県相模原市中央区
中央2丁目7番9 中央歯科3F
TEL.042-707-0160
FAX.042-707-1641

◆事業内容
<小学生~中学生>
・フリースクール
・放課後等デイサービス
・自然体験教室
・野菜の収穫体験
・不登校 相談

<高校生>
・通信制高校のレポート補助
(どこの学校でも対応します)
・自然体験教室

<成人・保護者>
・居場所の提供
(対象:18歳以上で進路不定の方)
・電話相談
・学校面談への参加
TOPへ戻る