本文へ移動

フリースクール・ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ハンバーガーショップ開店

2018-11-30
いつも室内調理で職員にも大好評のハンバーガーを保護者の方にも食べて頂く機会をと企画し、1か月程の企画準備を経て11/28に開店することが出来ました。
ポテトは高校生達が調理してくれ、賑やかな開店準備となりました。
今回大好評だったため、次回には照り焼きバーガーを作ってほしい!と要望も頂きました。
 
©太陽の村

フリースクールに通う子たちは不登校のうち3%

2018-11-30
国が50年以上も続けてきた不登校の子どもへの対応を変えようとしています。
 
(出典:不登校新聞)
 
児童生徒の才能や能力に応じて,それぞれの可能性を伸ばせるよう,本人の希望を尊重した上で,場合によっては,教育支援センターや不登校特例校,ICTを活用した学習支援,フリースクール,夜間中学での受入れなど,様々な関係機関等を活用し社会的自立への支援を行うこと。
 
 
(出典)不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)
28文科初第770号    平成28年9月14日
 
 
 
考え方をすぐに変えるのは難しいかもしれませんが、フリースクールは一時的なもので、学校に戻してもらわないと困る、という時代ではなくなっています。
 
©太陽の村

小学生の鎌倉遠足

2018-10-26
毎年、太陽の村のフリースクールでは中学生は修学旅行、小学生は遠足に出かけます。
 
今年の遠足の行き場所は鎌倉。子ども会議で、何を見たいか企画を立てました。
当日、迷子になった時の待ち合わせ場所もばっちり。お天気は曇りで過ごしやすく、楽しい一日でした。
 

新学期を迎えるにあたって

2018-08-23
9月1日は防災の日ですが、それ以外に統計に出ている日でもあります。自らをこの世から消してしまうお子さんが一年の中で一番多いのです。
 
笑い方を忘れたら、口の端っこを手で押し上げてみて。
落ち込んでいたら、誰もいないところでスキップしてみて。
少しでも気分が変わってもらえたらいいな。
 
google earthで世界を見てみて。
君が知らない場所がまだまだあるよ。
 
子どもは宝物。それを知ってね。
 
 
市内の保育園で一日保育士をさせて頂いた時に、天真爛漫な子ども達を見て、この子たちの笑顔が小学校や中学校になっても続いてほしいな、と思いました。
 
©太陽の村

滝に打たれて来ました。

2018-08-21
車で移動して、アドベンチャー体験をして来ました。
 
向かった先は、滝。
 
たどり着くまでが難所のようでしたが、子ども達は修行僧の真似をして滝に入ったり岩に登ったりしていました。
 
©ウェルフェーション中央

太陽の村 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

相模原市発達障害支援ネットワーク会議参加

2018-07-10
太陽の村の利用児童さんで必要な方は、職員まで。
学齢期部会に出席して来ました。
 
学校関連と福祉関連の行政の方が一堂に集まり、太陽の村が目指すウェルフェーションの姿を目にする事が出来ました。
 
市発行のサポートカードの紹介がありました。
次の場合に有効です。
・少し離れた駅に行きたいけど、町田ターミナルでどっちに行けば分からなくなった。
・北里病院で待っていた。なかなか呼ばれないから不安になって来たけど、何て言っていいか分からない。
・震災が起きて、避難所に来た。視覚情報が多く、落ち着きがなくなって来た。
 
こういったケースで、このカードを出して周りのサポートを求められます。
 
©太陽の村

第2回「不登校を考えるつどい」出席

2018-07-07
7月7日(土)
青少年相談センター主催
「不登校を考えるつどい」にて情報発信。
 
終わった後、フリースクール連携協議会にも出席しました。
特定非営利活動法人 太陽の村
〒252-0239(本部)
神奈川県相模原市中央区
中央2丁目7番9 中央歯科3F
TEL.042-707-0160
FAX.042-707-1641
◆事業内容
1.フリースクール
2.放課後クラブ
3.自然体験教室
4.通信制高校 教育連携校
5.サンサン・カフェ(茶話会)
 
友だち追加 ※太陽の村を利用されていなくても、登録して頂く事で、様々な情報を受け取れます。
TOPへ戻る