本文へ移動

理事長 徒然日記

すべての子どもに笑顔を。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「令和2年度 不登校相談会・進路情報説明会」に出席します。

2020-09-04
相模原市の不登校児童・生徒は1,000人
今、目の前の不登校に悩んでいるご本人や
保護者の方を対象に県のイベントが有ります。
 
会場:相模原総合学習センター
時間:13時から
予約:不要
 
県立の高校や通信制高校、フリースクール等、
多くの団体が出席します。これからの将来の為に
情報収集が出来ますので、足を運んでみて下さい。
 
太陽の村もブースを出展します。
 
©太陽の村

高校生の授業:金融リテラシー

2020-08-31
お金=信用

高校生を対象とした社会学科では、「金融リテラシー」を

教えています。

 

 素直な太陽の村の生徒たち。

お金を貸してと言われたり、困っていると言われると

簡単に多額のお金を貸してしまっては将来、困ります。

 

 大人になって知り合い等にお金を貸した相手が

きちんと返してくれれば良いですが、

人からお金を借りておいて相手が

「自己破産」をしてしまえば、そのお金は

回収不能に陥ってしまいます。

 

 世の中には、事前に限度額までお金を借りまくり、

計画的に自己破産をする人もいます。ひどいですね。

 

 その人は「お金を借りたって、次々に自己破産をすれば借りたお金は返さなくても良い」と考えていると思います。

 

 高校生の授業では、破産をした後の「7年間」は、

再度、借金苦に陥っても免責をされることは無い(破産法252条1項10号)と教えています。

 

 そして、破産すると官報で氏名や住所が公告の対象となり、誰でも閲覧する事が出来るようになるのです。

 

 最近話題になりましたが、破産者マップというサイトが有り、地図と共に氏名がネットに出回り、画面の保存が出来るようになっていました。

 

 お金の貸し借りは、その時点で信用できる相手でも相手にしない。

貸したお金は、二度と戻って来ないと思うようにしましょう。

 

©太陽の村

 

良質な情報

2020-07-28
すべては利用児童のため。
数年前、辞めた職員が社内の資料を根こそぎコピーして
持って行った事があった。現代では、パソコンの使用履歴は
全て記録されているのを知らなかったようで、すべて特定の
パソコンのコピー記録が残っていた。
 
あるパソコンから各フォルダへのアクセス履歴、
コピーを開始した日付と時刻、
次のファイルをコピーし始めた日付と時刻...
おびただしい量の履歴が確認できた(警察・市役所に届け済)。
 
職員が何日もかけて生徒の為に作った資料、
皆で会議をして作った資料、
その職員が入社する前からある資料、
あっという間に相手の手に渡ったようだ。
尤も、書いてある内容を理解できるのか不明であるが。
 
「©」この文字を使い始めたのもこの事件がきっかけであった。
鍵付き・監視カメラ付きの倉庫を借り始めたのも同じく。
 
どのような事情があってもやってはいけない事が分からない
人種がこの世の中にはいるので、盗られない頭の中の知識を
増やそうとここ数年職員の知識向上を念頭に置いて来た。
 
反面、保護者の方に対しては有益な情報は公式LINEを
通じてお知らせするのみであったが、そろそろ、
マネされるのを警戒するより、保護者の方に届ける情報を
優先する時期に来たかと思っている。
 
今年度は更なる研修や経営計画を皆で作り上げ、
楽しい職場にし、知識と実践を支援に活かしたいと思っている。
 
©太陽の村

放課後デイ・保護者面談

2020-04-14
個別支援計画の作成時期に入って来た。太陽の村の放課後デイサービスは、外遊びを通じてグループワークを行なっているが、体幹を鍛える目的やコミュニケーションをとる練習に適している。
 
室内で輪っかを置いて、ケンケンパをさせる必要があれば、地面に棒でケンケンパの輪っかを描いて、児童に飛ばせれば良い。毎回同じ輪っかを使うより、大きさも変幻自在だ。
体幹を鍛えるには、真っ平らな床よりデコボコした地面を走る方が使う筋肉が違って来る為、効果がある。
 
コミュニケーションをとるには、実態に即している必要があるので、こちらが用意した絵カードよりも目の前の本物のシチュエーションの中で学ぶと、乗り越えた時の体得に差がある。
 
次の支援計画の前のモニタリングは、振り返りをするので、子ども達と過ごした時間を思い出しながら書く。例えばADHDのお子さんで「興味があると、そちらに走って行ってしまう」とかASDのお子さんでは「チクチク言葉が出る」とか書くわけだが、わりと思い出しながら、ふふっとなる事が多い。その場では大変な思いもする訳だが、ほとんどの場合、かわいいなと思って書いている。
 
太陽の面談では事実を伝えるので、それを聞いて、お母様には恥ずかしいとか思わないで頂けたらと思う。コミュニケーションをとる練習に来ているのだし、遠くに行ってもすぐに戻って来られるようにスモールステップを上がれている。一緒に成長の確認と、課題の把握をしていけたら嬉しい。
 
©️NPO法人 太陽の村 

社会貢献・太陽の村の存在

2020-04-13
緊急事態宣言がまだ出ていない3月の週末、新型コロナで人混みに出かけるのも憚られるので、ドライブに出かけた。遠くまで行きすぎて、帰りが深夜になった。
 
交通量が減った暗い道で、ある一枚のCDを数年ぶりにかけてみた。
バイオリンの演奏が収録されているのは分かっていたが、何の曲目なのか忘れていた。
 
シベリウスが流れ、その次はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲が流れた。
シベリウスはかつて所属していたアマチュアオーケストラの世田谷フィルハーモニー管弦楽団にいた時に、コンサートの演目として出会った。
思えば大変恵まれた環境のオーケストラで、大型楽器用の倉庫や練習場を区から貸して貰っていた。
指導者も超一流の先生方で、バイオリンのパート練習は元NHK交響楽団の団員の方に教えて貰い、本振り(コンサート本番で指揮する事)では故石丸寛先生、東京藝術大学の故佐藤功太郎先生や現田先生から師事を受けた。
 
バレエ団と共に三大バレエの公演をしたり、オペラの公演も出来た。『夕鶴』のコンサートでは、当時の皇后陛下、美智子様がご覧になりたいとの事で会場にいらっしゃり、皇宮警察のSPや侍従の方と話をした。
美智子様に直前お会いする機会もあったが、本物のオーラに圧倒され、生まれて初めて頭が真っ白になった経験をした。
 
歌詞がある音楽は作詞した側の伝えたい事を考えて、受け止めるのだが、極端にズレた解釈は時に赦されない事がある。
 
クラシック音楽は、歌詞が無いのでどう感じるかで許容範囲がとても広い(何の歌詞も無いのに、時の権力から演奏禁止にされた曲があるが、とてつもない表現力だと思う)。
 
チャイコフスキーの演奏を久々に聴いたが、いつ聴いても感動する。
誰からも話しかけられず、ドライブをしながら狭い空間で聴くバイオリンの演奏は、普段余り経験する事のない脳の作用を引き出してそうだと思った。
 
チョン・キョンファの力強い演奏が終わると、観客の拍手も収録されていた。
オーケストラでは、ソリストへの拍手が終わると挨拶の為に全員が立ち上がるが、1500人からの拍手の音に包まれる瞬間である。
 
CDの拍手を聞いていて、ふと、私たち太陽の村の活動は、これくらいの拍手を頂ける内容なのでは、と思った。不登校のお子さんの為に、何かしてあげたい、発達特性のお子さんには、どうにか放課後の時間を楽しく、また色々な所に連れて行ってあげたい。
自分のお昼の時間を短縮してでも、児童の迎えに出発する職員がいる。
 
開業以来、のべ3万人以上も支援して来た太陽の村に、沢山の拍手が送られていると思いたい。
 
©太陽の村
特定非営利活動法人 太陽の村
〒252-0239(本部)
神奈川県相模原市中央区
中央2丁目7番9 中央歯科3F
TEL.042-707-0160
FAX.042-707-1641
◆事業内容
1.フリースクール
2.放課後クラブ
3.自然体験教室
4.通信制高校 教育連携校
5.サンサン・カフェ(茶話会)
 
TOPへ戻る