本文へ移動

理事長 徒然日記

すべての子どもに笑顔を。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

不登校のお子さんは、フリースクールにお任せを。

2020-01-08
学校の先生の負担を減らせます。
 
授業の組み立てにプリント作成、そこに部活動の指導も入って来ると、
時間内に終わらない。不登校児童・生徒の対応・・・自分はスーパーマンか?
と表には出さないけれど、常に焦りがある先生もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
昨年、日曜日にある小学校を訪れた際に、日曜日に保護者対応で出勤していた校長先生がいらっしゃいました。
誠実に対応しなくてはならないので、保護者の方の仕事が無い日曜に話し合いの時間を設定したのだと思いますが、改めて大変だと思いました。
 
学校のIT化が進んで、紙媒体が減ると業務も少なくなると前から思っていますが、それはいつになる事やら。
 
今すぐ、教員の方の精神的負担を減らすには、近くにある社会的資源を活用する事が近道です。
相模原市には4つのフリースクールがあって、それぞれの持ち味があります。どこかしらはお子さんに合っている居場所が見つかるのではないでしょうか。
 
・フリースクール鈴蘭学園 ・・・居場所(相模原市中央区)
・フリースクールKK   ・・・学習支援(相模原市中央区)
・プログレス       ・・・学習支援(相模原市南区)
・フリースクール太陽の学園 ・・・外活動&基礎学力定着支援(相模原市中央区)
 
導入、案内の仕方が分からない場合は、それぞれのフリースクールにご相談下されば、学校に伺って一緒に考える事も可能です。
 
 
<引用>「子どものため」魔法の言葉が呪縛に・・・忙しすぎて退職を考える「20代教員」の訴え
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010622-bengocom-soci
 
©太陽の村

年頭所感

2020-01-01
年頭所感 2020年
新年、あけましておめでとうございます。
 
 
昔から、旅行を自分のご褒美にして普段の仕事を頑張って来ました。
頑張っていたのは、独身の頃で、
今は仕事は頑張るのではなく、当然の事になっていますが。
 
最近、興味を持っている事があって、
年末に旅に関連した集まりに参加したのですが、
そこで海外の教育の話が出て、うんうん、と聞いていました。
途中で我に返って「あれ、私、旅の話を聞きに来てたんだよな」
と思ったのですが、日本の教育制度とか太陽の学園での出来事とか、
考えさせられた訳で、やっぱり逃れられないというか、
自分が常日頃考えている事って、近くまで情報や人が来ると思います。
 
そこで得た情報では、海外では、子どもの才能を開花させる機会がある国があって、
例えばサッカーに能力があったら、中学校を抜けて
外のチームで練習して、それが単位に認められるシステムがあったり、
また、先生が乳児を教室に連れて来て授業をしている北欧の地域もある。
 
学校がそれを認めているというのは、すごい事だと思います。
ちなみに、太陽の村でも「太陽っ子」という制度を作って、
職員の子どもの預け先が無い場合などは、事業所に連れて来て良い事になっています。
よその子を優先させて、自分の子をおざなりにしたい
女性教員や、女性職員はこの世に居るでしょうか。
 
日本は7、8年遅れていると言われていますが、
7、8年経った頃には、後悔しても遅い場合だってあります。
時間は決して遡れないのですから。
 
 
私が経験したり年末に行われたフリースクールネットワーク会議で
実例として挙がったりしたのですが「学校への出席の振替」さえ厳しい時があるのです。
 
学外での学びの場がOKですよ、と国が打ち出しても
校長先生のご理解が無いとか、現場の先生がフリースクールの存在を
知らないとかなると、じゃあどこで学ぶんですか、となります。
 
学ぶって、家の中でのホームスクーリングも良いかもしれませんが、
私は、家族以外の大人や友達と触れ合う方が学びは大きいと思っています。
 
保育園での虐待としか思えない乳幼児への指導(ふらふらするなと大きな子で言うとか、体を押すなど)、
そこかしこであるようで、大人不信の土壌を持った上で
窮屈な学校での指導(縦横ぴしっと揃ってないといけないとか)に、
違和感として気付き始めた子が不登校になっていると思います。
 
「太陽の学園2030」という計画を、相模原や近隣の市の行き場の無い
子ども達をどうにかしたいと思って何ヶ月もかけて練っていますが、
今年から始めて2030年までの10年計画、子ども達の自立に向けて、
どれだけ太陽の村が社会貢献出来るか、実施していきたいと思います。
 
©️太陽の村

職員研修(野外編・事例検討会)

2019-11-25
職員研修の出席者は、熱心に取り組んでいます。
11月に2回、職員の野外研修と室内研修を行いました。
 
野外研修では、必須になるテントの組み立て方を習い、一人1基組み立て・撤収を行います。骨組みを前にして、一瞬どうやるんだっけ、とよぎりますが、手を動かし始めると思いだして来ます。
今回の野外研修でもう一つ実地を行ったのが、「ランタン」です。昼間なので、あまり明るくはありませんが、電池ではないランタンの取り扱いを行いました。
 
室内研修は、「事例検討会」としました。前半は、心理学と自分を知る講義をし、児童のケンカが起きた場合を想定してロールプレイイングを行いました。
チームA:文房具を取りあって、手が出てしまった子どもに対する声掛け
チームB:電子ピアノを自分が弾くと言ってケンカになった場合の声掛け
 
ロールプレイングなので、児童役を職員がやります。両チームとも、指導員役の職員より背が高かったので、なかなか迫力がありました。
 
「心に栄養を」をキーワードに進めています。
子ども達に対する声掛け一つで楽しさが変わって来るので、不思議です。
 
後半は、実際にある課題を出して、全員で話し合いをしました。あっという間の2時間でした。
 
©太陽の村
 

支えてくれた方々に、感謝します!

2019-09-11
太陽の村は、10期の決算期に入っています。
 
お蔭様で10周年。8月19日の創業以来、
多くの人に支えられて来ました。
 
感謝します!
・子ども達
・保護者の方々
・税理士先生
・社労士先生
・弁護士先生
・ボランティアの方々
・太陽の村職員のご家族
・鹿島学園MSG
・東豊学園つくば松実高等学校
・保険会社のご担当者様
・金融機関のご担当者様
・地域の方、地域のスーパーやお店
・学校職員
・さがみはらサポートセンター
・教育委員会、青少年相談センター
・神奈川県、福祉担当課
・市役所 障害政策課、市民協働課、市民納税課
・区役所 受給者証交付窓口
・児童相談所
・相談支援事業所
・市内フリースクール
・運営に関する相談に乗って下さったNPO法人
・消防・警察署
・医療機関
・各キャンプ場、職員の方
・けやき会館、職員の方
・市民農園、役員の方
・消費者センター

お蔭様で10周年・理事長インタビュー

2019-08-19
10周年を迎えて。
 
(N:インタビュアー、Y:理事長)

N:こんにちは。インタビュアーの野村です。
Y:今回、よろしくお願いします。
 
N:創立10周年という事で、おめでとうございます。
Y:ありがとうございます。
 
N:振り返って、いかがですか?
Y:人生勉強になる事ばかりでした。窮地に立たされた時もあり、
その度に助けてくれる方がいて、本当に感謝しています。
 
N:そもそも、太陽の村を立ち上げたきっかけは何だったんですか?
Y:発達特性と健常の狭間でいる、いわゆるグレーゾーンと
呼ばれる診断のつかない子ども達への支援の必要性、
それから発達特性の理解をされないまま、支援を
受けている子ども達の居場所作りをしたいと思ったからです。前の創立者が。
N:理事長は、その当時、どのような関わり方だったのでしょうか。
Y:私は別の会社でフルタイムで働いていたので、
太陽の村は、パンフレットをパソコンで作ったり、タック活動の
お手伝いをしたりしていました。
N:野外での活動に興味があったんですか?
Y:子どもの頃から外遊びは好きでした。
地元の行政が主催のジュニアリーダークラブに泊まりがけで参加して
自然体験はしていました。フィールドより海や川でカヌーとかの遊びが好きなのですが、
タックで釣りに行くくらいだと言われました。
N:タックで、海に行く企画は写真を見る限り、無さそうですね。
Y:はい。

N:それが、今は理事長になられている訳ですが、
前の会社を辞めて、太陽に入る経緯を聞いても良いですか?
Y:会社は町田でしたが本社での勤務の異動命令が出て、
JR淵野辺駅からJR大崎駅まで通勤する事になり、職場のストレスも強かった事から
もういいかな、と思いました。今考えれば、大崎駅の近くに引っ越しても良かったんですけどね。
N:大崎って、品川の方ですよね。横浜経由ですかね。
Y:そうです。朝7時24分発の電車に乗って横浜駅まで行き、湘南新宿ラインに乗り換えるんです。
帰りは夜の23時近くとかで、栄転したし稼ぎはいいけど何の為に
生きてるのか自問自答していました。夕食は基本、会社で食べていました。
19時か、さぁ、もうひと頑張りしよ、みたいな。
N:住まいが近ければ、まだその時間は有りですけどね…。
Y:最終的に有給休暇もかなり残っていましたが、
退社日から後は使えないのに、ボランティアで
出社してくれないかと課長に言われたので、お断りのメールを部長をCcに入れて送りました。
交通費も自腹ですからね。
N:辞めてからは、すぐに太陽で働いていたのですか?
はい。事務局長という肩書きでした。出資もしていました。
N:立ち上げの時期ですから、実績がなく資金もそんなに借りられないのでしょうか。
Y:まともな借り入れはゼロ円でした。
相模原市と協働事業を行うと言ってスタートしていましたが、年間で235万円の予算なんです。
職員一人の年間の給与に充てたとしたら、何も残りません。
放課後クラブは1カ月15,500円で設定していました。
50人でも来てくれれば良いですが、最初は5人とかそのくらいで、やれ送迎車両がいる、やれ職員が必要と
自己資金を投下し続け、数百万円を出しました。
N:それって、立ち上げの時に予め当時の理事長が用意するものなんじゃないですか?
Y:普通はそうですね。前の会社で経営や経理の仕事をしていた訳ではなかったので、その場で発言すべき
情報が分かっていませんでした。妊娠・出産もしていたので、前の会社に戻る訳にもいかず、毎日、精神的に
不安定な日々を送っていて、ある日、わらべ歌の先生の指導の日に、先生の歌声に癒されたのか
涙が出て来たので職員室に戻って、号泣した事も有りました。
N:お金は経営について回りますからね。
Y:はい。勉強が足りてないと、エライ目に遭います。
協働事業は3年契約なので、途中でやめる訳にいかなかったので
赤字垂れ流しのまま続けていましたが、ちょうど放課後等デイサービスの制度が始まります。
N:新しい制度ですね。
Y:はい。家賃が滞りそうだったり、危険な経済状況でしたが、
祖母が亡くなり、私の為に積み立ててくれていたまとまったお金が手に入ります。またもや
放デイの立ち上げ資金に充てました。立ち上げの書類作成も初めての事で、15種類ほどの
書類に加えて、法定通りの職員配置が必要で、それなりの雇用が発生しました。
 
N:初めての子育ての時期に大変でしたね。
Y:するすると消えて行く自己資金。楽しいはずの赤ちゃんと過ごす時期に
体調を崩し、発熱しがちの中でワンオペ育児でした。
一度だけ、寝たいのに何度も上にかぶさってくる赤ちゃんの顔をはたいてしまった事があります。
その時に、赤ちゃんのほっぺの形に手のひらが丸く
なったんです。何て事をしたんだろうと呆然としました。
N:行政というか、保健師さんなどに相談はされてなかったですか?
Y:行政に助けを求める手段を知らずにいました。
情報を知らないって怖いですね。
今、育児で困っているお母さんの手助けになりたいと太陽のビジネスLINEを始めました。
相模原市近辺に住んでないと太陽の村の支援を受けられないので。
 
N:不登校もそうですが、親御さんが相談したり、何かを読んでそれが光になるって重要ですね。
不登校といえば、太陽ではフリースクールも運営していますね。
Y:はい。現在、場所としては4事業所ありますごいが、フリースクールと
高校生部門を別に考えると6事業所を運営している感覚です。
N:確かに、別の事業スケールが有りますね。
Y:通信制高校と連携もしていますので、そこはフリースクールとは全く別物で、
フリースクールも、受給者証が無くても通えるので、放課後等デイサービスとは全く別の事業態になります。
一時期、赤字部門なので休止していた時期がありますが、2017年から再開して現在に至ります。
 
N:どうして再開しようと思ったのでしょうか。
Y:やはり、目の前に行き場が無い子どもがいるからです。
少子化で子どもが減っているはずなのに不登校の児童数は増えています。私は数は増えていても
良いと思うんですね。その選択が出来ているので。
 
N:相模原市には、フリースクールは幾つあるんですか?
Y:うちを入れて4箇所です。月に一度、定例会があって、他のフリースクールの代表の方々に会っています。
 
N:今までフリースクールを運営して来て、印象的な事は有りますか?
Y:色々ありますが、卒業式での卒業生のスピーチは印象的ですね。
来た当初から随分と成長して、感慨深いです。
N:涙なくしては、といった感じですね。
Y:職員は全員泣いてます、笑
N:卒業生が遊びに来てくれるんですね。
Y:いきなり来る事も有りますが、今でもボランティアでクリスマスパーティーの
椅子やテーブルを並べるのを手伝ってくれたり、本当に嬉しいです。
 
N:卒業というと、太陽の支援を受けられる年齢は何歳までですか?
Y:基本、18歳で必要があって認められると二十歳です。
N:19歳で送り出す不安のようなものは…
Y:多分に有ります。就労支援の事業所が沢山出来ていますが、果たして適応していけるのか、とか。
申し送りと、アフターフォローで新旧の担当者が顔を合わせて情報共有出来ているとまだ安心です。
 
N:どんどん子ども達は成長して行きますが、太陽の村で就労支援を行う予定は有るのですか?
Y:いい質問ですね、笑
N:やらないといけないと思っています。展開するにはまた条件を満たした人員配置が必要なので、
色々と準備が必要です。あとは、何を就労のネタにするか、太陽らしさを出したいと思っています。
 
N:今後のビジョンとしては、いかがですか。
Y:石釜を作りつつ、ITを取り入れた事業所にしたいです。
ITは二つの側面を考えていて、児童・生徒が学ぶ事と、職員の仕事の効率化です。
N:石釜というと…
Y:自然体験教室で、河原で石を組み合わせてその場でかまどを作って、火おこしをします。
N:火おこしは料理をしたりもするんですか?
Y:野外調理と呼んでいますが、飯盒でご飯を炊いたり。
N:サバイバル教室みたいですね。
Y:実際、そうですね。チャッカマンでなくマッチを使います。
N:それは、なぜですか?
Y:思い通りにならないから、笑
Y:風で消えたりとか。せっかく火がついたのに吹き消されて、
もう一本、また消された!どうすればいいんだ?って考える訳ですよ。私はこのマッチで火をつけようと
している子ども達を見ている瞬間が楽しいです。段々と工夫したり職員が見本を見せたりして
改善されていくんですね。見ている子ども達が、次やる!ってヤル気スイッチオンになってすごい集中力です。
 
N:その自然体験と対極にある、パソコンの授業ですが、
支援中にパソコンに触るという事ですか?
Y:現実的には、室内の時間が設定されているフリースクールと高校生の授業で行うと思います。
放課後部門でも要望が有ると思うので、土曜日にプログラミング教室を開く事も考えています。
N:石釜という、原始的な取り組みからプログラミングもやりますという事業所は、なかなか無いんじゃないでしょうか。
Y:そうですね。どちらも重要な柱になると捉えています。
 
N:法改正や人員配置のご苦労を聞くと、大変だとは思いますが、これからも是非続けていって頂きたいと個人的にも思いました。
Y:ありがとうございます。

ロングインタビュー 2019年8月
特定非営利活動法人 太陽の村
〒252-0239(本部)
神奈川県相模原市中央区
中央2丁目7番9 中央歯科3F
TEL.042-707-0160
FAX.042-707-1641
◆事業内容
1.フリースクール
2.放課後クラブ
3.自然体験教室
4.通信制高校 教育連携校
5.サンサン・カフェ(茶話会)
 
TOPへ戻る